賃貸物件の修繕について

あくまで借りているだけの部屋

賃貸物件で暮らす際には、もともとあった設備を汚したり壊したりしないよう、極力、丁寧に暮らすことが大切です。家賃を払っているとはいえ、自身の所有物件ではない以上、もしも破損などが起こった場合は、退去をする際に元通りに修繕をしなければいけません。通常の生活では生じ得ない傷汚れや、管理を怠ったことによるカビやシミの発生、タバコのニオイなどは修繕対象となりますので注意しましょう。加えて、設備を勝手に増設したり、取り替えたりするのもNG行動です。例えば新しいエアコンが欲しいからと、管理会社に相談をせずに取り付けると、退去をする際に高額の修繕費用が発生する場合もあるため、変更を希望する場合は必ず相談の上で指示を仰ぐようにしましょう。

原状回復の振り分けに注意

退去時には借主は原状回復の義務を負いますので、直すべき箇所がある場合は、事前に支払いをしている敷金、あるいは自費によって修繕を行わなければいけません。ただ、汚れや劣化などが生じたからといって、何でもかんでも借主の負担になるわけではない点に注意が必要と言えます。例えば家具を設置したことによる床の凹みや、冷蔵庫による壁の電気ヤケ、日照りによる畳の変色などは、生活上、自然に起こり得るもので、借主には原状回復の責任がないと判断される傾向が強いです。

ところが、借主負担で費用請求をされるトラブルも起きており、言われるがままに支払うケースもあります。実際は負担をする必要がない部分に関しても請求をされる事例もあることから、適切に振り分けができるよう、原状回復に関するガイドラインと照らし合わせつつ、内容を判断していく心掛けが必要と言えるでしょう。

Top