敷金の仕組みについて

「敷金」とはどんなものなのか

「敷金」は、入居時に借主が大家さんに対して支払う預け金であり、物件を退去するときの原状回復の費用や、家賃の不払いを補填するために使われるものです。賃貸では、入居者が何年も住み続ける間に部屋の一部が破損したり、汚れたりすることも多いため、それを補修するための費用をあらかじめ預かっておくという習慣があります。ただし敷金はあくまでも預り金なので、部屋の使用状態に特に問題がなければ、退去時に返却されるのが原則です。また、関西では敷金のことを「保証金」、礼金のことを「敷引き(保証金から差し引かれるお金)」と呼ぶことがありますが、仕組みとしては同じものだと考えてよいでしょう。敷金の金額はどれぐらいなのかというと、家賃の1カ月分か2カ月分というケースが多く、物件によっては家賃の3カ月分や敷金無しのところもあります。

「原状回復」の度合いによって敷金の返却額が変わる

「原状回復」とは、入居時のキレイな状態に部屋を戻すことであり、具体的には入居中に発生した破損を補修したり、汚れをクリーニングしたりすることを指します。当然、こうした作業には費用がかかるため、敷金からその費用が補填されますが、部屋をキレイに使っていた場合は敷金の一部、または全額が返却されます。しかし、部屋の破損や汚れなどがひどい場合は、敷金が全く返却されなかったり、逆に原状回復の費用を追加で請求されることもあるため注意が必要です。ただし原状回復で借主の負担になるのは、借主側がわざと、またはうっかりして破損や汚れを発生させてしまった場合(借主側の責任だと考えられる場合)であり、自然に発生する経年劣化や通常損耗は対象になりません。

Top