礼金の仕組みについて

礼金は大家さんへの謝礼に由来するもの

賃貸物件の契約を結ぶ際、初期費用の1つとしてよく登場する礼金。この礼金は元々、大家さんへの謝礼に由来するものです。昔は現代よりも賃貸住宅の数が少ない状態でした。そのような中で部屋を貸してくれる大家さんへの感謝を示すお金、それが礼金です。現在でも礼金は大家さんに渡されます。金額の相場はおおよそ家賃の1~2ヶ月分です。なお、礼金と似たものに敷金があります。敷金はその賃貸物件を退去するまでの間、賃室に居住者の責任による破損などが生じた場合の修繕費用の前払いであり、未使用分は退去時に返金されます。しかし、礼金は謝礼という性質上、退去時に戻ってくることはありません。いずれ返金されるものと勘違いしないよう気を付けましょう。

交渉次第で値引きやカットをしてくれることも

礼金は大家さんへの謝礼の文化を今に残したものではありますが、現代の風潮にはあまり適しません。現代では賃貸不足は発生しておらず、誰でも自分の住まいをある程度の選択肢から選ぶことができます。また、そこに居住するために必要な費用や家賃など、十分な対価を支払っているという感覚を持っている人も少なくありません。そのため、礼金を支払いたくないと考える賃貸ユーザーも多いのです。入居者を集めるため、礼金をとらない物件もよく見られ、中でも敷金礼金0物件は初期費用を大幅に抑えられることから人気を集めています。また、初期費用や家賃は契約申し込み時に値下げ交渉することも可能ですが、礼金は値下げに応じてもらえる可能性が高いこともポイントです。

Top