家賃値上げについて

家賃値上げには条件がある

突然大家さんから家賃を値上げすると言われたら、どう行動すべきなのでしょうか。まず、家賃値上げ自体は法律で認められているため、大家さんの判断で行うことができます。しかしそれには条件があり、「土地や建物の税金が上がった」「物価が上がるなど経済事情が変化した」「周辺の似たような物件と比べて明らかに家賃が安い」などの理由があるのです。また、家賃値上げは大家さんの独断で行える訳ではなく、住んでいる人との合意がなければ成立しません。そのため必ず従わなければならない、という訳ではないのですが、だからといって無視し続けるのも良くありません。家賃の値上げには正当な理由があるかもしれませんから、真摯に話し合いを行うことが求められます。

交渉するときのポイント

家賃値上げの通告を受けたら、まず根拠となる資料を見せてもらいましょう。また、借主も自分で周辺の家賃相場や近隣の似たような物件の家賃を調べてみましょう。不動産情報ポータルサイトを利用すれば簡単に調べることができます。交渉することになったら、感情的にならず柔らかい態度で臨むことが大切です。家賃値上げは借主にとっては嬉しくないことではあるものの、大家さん側にも事情があるのであれば落ち着いて対応するようにしましょう。「値上げを受け入れる」「受け入れないのなら退去する」という両極端な選択肢だけではなく、落としどころを探ることも大切です。値上げ率を下げてもらう、値上げ時期を延ばしてもらうなど、お互いに納得できる合意条件を探しましょう。

札幌北区の賃貸は寒さに備えて二重窓や複層ガラスになっている賃貸が多く、暖房の熱を逃がさない設計になっています。

Top